朝クラ
朝クラ

街角に突然ピアノが?「ストリートピアノ」の魅力

「ストリートピアノ」をご存知でしょうか?駅やカフェ、ショッピングモールなどオープンな場所に設置され、誰でも自由に弾くことができるピアノです。NHK・BSの「駅ピアノ」「空港ピアノ」というテレビ番組で見たことがある方も多いのでは。番組では海外の様子を撮影したものが多いですが、実は日本の各所でもストリートピアノを体験できる場所が増え、YouTubeに投稿された映像が話題になっています。今回は全国で設置が広がるストリートピアノの魅力をお伝えします!

 

 

ストリートピアノのはじまり

ストリートピアノは、「Play me, I’m Yours」と題されたイギリス発のプロジェクトが始まり。イギリス人のアーティスト、ルーク・ジェラム氏のアートプロジェクトで、きれいに装飾した15台の「アート・ピアノ」をバーミンガム市に設置し、多くの市民が演奏を楽しみました。その後「Play me, I’m Yours」は世界中に広まり、今や60以上の都市で、1,900台ものピアノが設置されています。

日本では2018年東京・国立にて「Play me, I’m Yours Kunitachi 2018」が開催され、2週間の間に約6万人が参加しました。

 

Play me, I’m Yours Kunitachi 2018公式ページ

 

 

 

日本で初めてのストリートピアノ

日本初のストリートピアノが設置されたのは2011年。商店街と地域の活性化につなげたいというある一人の熱意から、「鹿児島一番商店街」に設置されました。使われなくなったピアノをペイントし、街中に設置するという奇抜なアイデアに対し、当時商店街の人々は決して協力的ではなかったといいます。しかし実際に設置すると、色鮮やかなピアノに驚いて足を止め、ピアノを弾き、ピアノを弾く人の周りに人が集まり…と、ストリートピアノから人と人のつながりが広がっていきました。ストリートピアノは商店街の人々に受け入れられ、九州各地の商店街でも設置されるようになりました。

 

鹿児島の新幹線の終着駅である鹿児島中央駅で新幹線全線開業ということで、県外客を『おもてなし』をしたいという思いで、海外のストリートピアノを参考に、町の活性化を図る一つの手法として、やり始めました。

日本では事例のないことだったので、奇想天外なストリートピアノは、はたして日本人に受け入れてもらえるのかとても不安でした。

しかし、ところがどっこいストリートピアノを設置したところ、ものすごい反響で驚きました!!

このストリートピアノが全国各地に普及していけばいいなと思い活動をさせて頂いております。

有り難いことに設置してから8年も経ちますが、今も全国各地から問い合わせの電話がきています。

もっともっと、ストリートピアノが拡がって、全国各地に新たなコミュニティを派生していくのを楽しみに、今後も活動していきます。


(日本ストリートピアノ第1号を企画・実行された大坪様より。)

 

 

 

日本のストリートピアノプロジェクト「LovePiano」

ピアノメーカーの代表格であるヤマハでも、「LovePiano」というストリートピアノプロジェクトが実施されています!「LovePiano」をモチーフにペイントされた数台のピアノがあり、東京近郊に限らず札幌から香川まで、合計21か所で実施されています。次はあなたの街にピアノが来るかも?

そんなLovePiano、どんな思いで運営されているのでしょうか?LovePianoのご担当者様よりコメントをいただきました。

 

いま全国各地で広がっているストリートピアノの熱が持続するように、さらに話題性のある場所や、進化した開催方法を試す、などをしながらストリートピアノをより魅力的に感じていただけるよう続けていきたいと思っています。」

 


LovePianoについて

 

 

 

 

ストリートピアノを楽しむには?

ストリートピアノを実際に体験してみたい!今どこにあるの?という方のために・・現在日本で楽しめるストリートピアノはこちら!

 

都庁おもいでピアノ

 

都庁南展望室のリニューアルに伴い設置されました。あの有名な草間彌生さんの「かぼちゃ」の柄にペイントされたグランドピアノが楽しめます!演奏できる時間は、南展望室の営業日10時~12時と14時~16時です。

参照:http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2019/04/04/18.html

 

 

BMIストリートピアノ

 

横浜・馬車道の地下街「マリナード地下街」に設置されているアップライトピアノ。マリナード地下街が結ぶ馬車道と伊勢佐木、それぞれ3つの頭文字をとって「BMIストリートピアノ」と名前が付けられています。2019年6月からは、馬車道駅構内にももう1台のBMIストリートピアノが設置されました。駅が開いている時間はいつでも弾くことができます。ピアノを使ったコンサートに出会えることも?

 

 

埼玉ふれあいピアノ

浦和美園駅2階コンコース、キャプテン翼ステンドグラス前に設置されているピアノ。2019年6月29日(土)~9月23日(月・祝)の期間でアップライトピアノが設置されています。演奏できる時間は5時から24時まで。

参照:https://www.s-rail.co.jp/news/2019/pr20190619-piano.php

 

 

北九州空港ピアノ

日本初の「空港ピアノ」!北九州空港2階出発待合ロビーにアップライトピアノが設置されています。演奏できる時間は9時から18時まで。

北九州空港以外の日本の空港ピアノとしては、大阪・伊丹空港でヤマハの「LovePiano」の実施事例があります。

 

 

鹿児島市一番商店街

2011年、日本で初めてストリートピアノが設置された場所。鹿児島の商店街にピアノを置いて、商店街と地域の活性化につなげたいというある方の熱意から始まりました。鹿児島駅すぐにある一番商店街に設置されている常設のストリートピアノが、日本で初めてのストリートピアノです。今は1台1台が色とりどりにペイントされたピアノが、九州各地の商店街等に広がっています。

参照:https://www.c-itibangai-iddo.jp/street_piano/index.html

 

 

JR浜松駅新幹線改札内

JR浜松駅新幹線改札内に設置されているグランドピアノ。ヤマハ株式会社、河合楽器製作所などの楽器メーカーが集中していて、世界有数のピアノコンクールである浜松国際ピアノコンクールが開催される場所です。そんなJR浜松駅の展示ブースは、ヤマハ、カワイのほか自動車のスズキが1年ごとに交代で企業展示をしています。コンクールの時期には、出場者の方が練習で弾きに来ることも・・?

※展示企業によって、ピアノが展示されている期間と、そうでない期間があります。

 

* * *

 

ストリートピアノ情報をリアルタイムで共有する「ストリートピアノJAPAN」のFacebookグループで、期間限定のストリートピアノの情報もいち早くチェックできます!

ストリートピアノJAPANFacebookグループ(参加には承認が必要です)

 

 

ぜひお近くにストリートピアノがやってきたら、足を運んでみてください♪

 

文・早坂 遊羽