アーティストインタビュー Vol.3 五十嵐紅さん

2018年3月のAsakura Futures Concertにご出演いただいた、五十嵐紅(いがらし こう)さんに、演奏会後インタビューさせていただきました!演奏家として一流を目指すのは当然、それだけでなく、自分から音楽の魅力を伝える企画をプロデュースし、活躍の場を広げている五十嵐さん。ギターとの出会いや、音楽、活動へのこだわりをお聞きしました。

Q1 ギターを始めたきっかけは?

「6歳の時、サンタさんが持ってきてくれた」のが出会いです。当時楽器と一緒に届けられた教本が「クラシックギター教本」だったという偶然から、クラシックギターを弾くようになりました。中学に入ると周りではロックやポップなどのバンドギターをやっている人が多かったですが、初めはそんな違いにも気づくことなく演奏していました。

 

Q2 演奏するだけでなく、自ら企画もされているとのことですが、普段のお仕事を詳しく教えていただけますか?

 

今の仕事は、クラシックギターの演奏、いろいろなお客様へのコンサートのご提案・企画と、主催公演「水曜日のクラシック」の3つです。

演奏家としてはソロのほかアンサンブルも力を入れています。アンサンブルの幅を広げたいと思っているので、自分で編曲をして、いろいろな楽器との編成に取り組んでいます。クラシックギターは奏者自体が少ないし、大きな音も出ないという制約もあってレパートリーも演奏機会も少ない楽器。とても音がいい楽器だし、相性がいい楽器がたくさんあるので、編曲して(レパートリーを)広げていく。僕が力を入れている活動です。

 

Q3 水曜日のクラシックについて教えてください。

 

原宿で毎月第2水曜日の夜に「水曜日のクラシック」を主催しています。50席という小さなサロンなので、大きなホールでは味わえないような臨場感がある。演奏家との距離も近いものを感じることができる空間だと思います。原宿という立地や規模感も、あたたかみのある空間だと思うので、より魅力が伝わるかなと。クラシックがすごく好きな方だけでなく、興味があるけど足を運ぶ機会がないという方のきっかけになりたい。

大きなコンセプトは「すぐそばで、音楽を聴こう。」です。毎月美術館の企画展のように一貫性のあるプログラムを組んでいます。例えば4月なら桜→春→お花見など連想ゲームのようにしていくと、そのとき・その季節・その奏者でしかできないものを考えています。お客様がクラシックファンだけではないので、どんなコンサートだと楽しんでいただけるかなと日々考えています。

 

Q4 クラシックを、どういうところを魅力に聞いてもらいたいですか?

 

クラシック音楽は敷居の高さはあると思います。僕にとってクラシック音楽はプレミアムなもの。少し敷居が高くてもいいと思ってます。作曲家が心血を注いだものが100年、200年と残っているのはすごいことだし、演奏家も一生懸命練習して技術を磨いて演奏するこだわられたものだと思う。

クラシック音楽への抵抗が減ってほしいと思う一方、歴史に残っている芸術としての価値を知っていただきながら、より親しんでほしいです。

 

 

Q5 ギターの楽しみ方は?

 

ギターの楽しみ方は多岐にわたります。メロディーも伴奏もできるというところは魅力。アンサンブルではピアノ伴奏ではなくギターではどうなるんだろうという(新しい組み合わせ)を試したい。ギターは小さなオーケストラと例えられるほど多彩な音を持っています。ピアノやオーケストラにはない響きを楽しんでいただけるのではと思います。

 

 

Q6 最後に、演奏家として仕事をするうえで大事にしていることを教えてください。

 

自分の中でベストを尽くす。向上心が演奏でも仕事でも大切だと思います。クラシック音楽では演奏家の力がとても大きく影響するので音楽を磨くことは大切です。仕事で心がけているのは「人を大切にする」。ご依頼いただいて、共演者を探して、演奏する。その演奏を聴きに来るお客様、支えるスタッフ、みんなが幸せになったらいいなと思います。依頼主さんも演奏者からも僕と仕事ができてよかった、いい会場でいい音楽ができて、満足できる環境を作りたい。そしてお客様もいいものを聴けたね、と。自分がかかわった仕事で人を幸せにできるようになりたい。音楽は、豊かさじゃないですか。音楽は人を幸せにできると思う。それを目指したい。

まず演奏家としてきちんと実力をつけること、それと同時に人を幸せにできるような仕事を目指したいと思います。

 

 

さすがの情熱とこだわり!実際にお話を聞いて、思いの強さを感じました。

五十嵐さんが主催されている「水曜日のクラシック」は、原宿のhall60(ホールソワサント)で毎月開催されています。

ぜひ、まずは原宿の「水曜日のクラシック」からクラシックライフを始めてみては。

「水曜日のクラシック」特設ページはこちら

https://suicla.blogspot.com/

 

 

アーティストプロフィール

五十嵐紅さん(クラシックギター)

東京音楽大学卒業。第29回ジュニアギターコンクール高校生の部1位、第27回スペイン音楽ギターコンクール第2位ほか様々なコンクールで入賞。ソリストのほか多くの演奏家と共演。日本橋三越「春の宝飾展」や重要文化財明日館などでコンサートを企画・監修。「水曜日のクラシック」主宰。50gt代表。クラシックギターを伊東福雄、江間常夫、荘村清志各氏に師事。

 

関連記事

ページ上部へ戻る